ロスゼロは、規格外品・過剰在庫を、美味しく食べられるうちに
ネットで販売するほか、未利用食材で作るアップサイクル食品の開発、
サブスクリプション「ロスゼロ不定期便」の運営、
法人の福利厚生としてのロスゼロ導入を推進しています。

また、SDGsや環境問題に関する情報発信や
啓発活動・研修も進めています。

生まれる食品ロス予備軍

さまざまな場面で発生する日本の食品ロスは年間約570万トン(令和元年農水省推計)
そのうち約140万トンは生産者・食品製造・加工メーカーから発生しています。
規格外・販売予測のズレ・商習慣により販売が難しくなったこれらの「ロス予備軍」は、食する上で全く問題がありません。

知っていますか?日本の食品ロスの現状

具体的な解決策「ロスゼロ」

様々な理由で行き場を失った「食品ロス予備軍」を、食べ手のもとへ最後まで届けるプラットフォーム。それがロスゼロです。

ロスゼロ事業の相関イメージ

作り手のこだわりや想いを伝え、ロス予備軍となった商品の販売・ブランディングのお手伝いをします。
販売ページの作成から発送まで、ロスゼロがロス削減の「めんどくさい」問題を解決。
オンライン通販だけではなく、イベントの企画やオフラインでの販売でフードロス削減を目指します。

笑顔が増えるロスゼロ事業

購入者の笑顔
  • お得に美味しいものが食べられる
  • 食べるだけで社会貢献になる
  • 新たな「美味しいもの」との出会い
メーカー様の笑顔
  • 廃棄コストを売り上げに変換
  • 行き場のない在庫を削減
  • 潜在顧客の獲得
ロスゼロの笑顔
  • ロス予備軍へ減らす
  • 社会を変えるきっかけ作り
  • 売上の一部で子ども食堂・途上国支援
日本社会の笑顔
  • 食品ロスという社会問題の解決
  • 「食品ロス」に対する認識が広がる