2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
定休日
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
 

トップ > 冨士屋製菓本舗 > 【冨士屋製菓】三色福豆1kg(250g×4)
商品一覧 > 【冨士屋製菓】三色福豆1kg(250g×4)

【冨士屋製菓】三色福豆1kg(250g×4)

【冨士屋製菓】三色福豆1kg(250g×4) 【冨士屋製菓】三色福豆1kg(250g×4) 【冨士屋製菓】三色福豆1kg(250g×4) 【冨士屋製菓】三色福豆1kg(250g×4)
【冨士屋製菓】三色福豆1kg(250g×4) 【冨士屋製菓】三色福豆1kg(250g×4) 【冨士屋製菓】三色福豆1kg(250g×4) 【冨士屋製菓】三色福豆1kg(250g×4)
拡大画像
商品コード : fs1kg001
製造元 : 冨士屋製菓
価格 : 3,240円(税抜き3,000円)
数量
 


かごに入れる
すぐに購入

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

冨士屋製菓本舗 3色福豆(1kg)

1、「福豆」に新しい価値を

三色福豆

豆には「魔目(まめ)」という語呂合わせがあり、鬼を滅する「魔滅」「魔除けの力がある」と信仰されてきました。この例として、邪気(鬼)が生じるといわれる2月の節分に作られるのが「福豆」です。

この時期になると冨士屋製菓本舗には、全国から豆まき用福豆の注文が押し寄せます。製造技術と信頼の高さゆえでしょう。しかし完売予測が難しい年もあります。曜日や天候など、予測できない諸事情に左右されるからです。

出荷できなかった余剰分は、残念ながら市場に出る機会を失います。これは、節分のイメージが強いからだと思われますが、これはとても「もったいない」こと。福豆は歳の数だけ食べると良いと言われる縁起のいいものです。大豆は1年の賞味期限があり、食するのに何の問題もありません。

2018年の節分では、恵方巻の売れ残りが社会問題となりましたが、これもイベント性・季節性を重視しすぎるからです。

賞味期限が一年の大豆は、加工すれば4か月間美味しく食べられます。新しい価値が加わるとまさに「アップサイクル」です。
リサイクルが「再利用」であるのに加え、アップサイクルは それ以上に価値が加わって新しいものに生まれ変わることをいい、今世界でも注目されています。

国連が提唱する、持続可能な地球を追求する17個の目標(SDGs)の一つに、「作る責任・使う責任」というものがあります。まさしく「生産者と消費者」の関係がこの目標に当てはまり、製造者にも生活者も、これまでのあり方の再考が求められています。

新しく生まれ変わった豆菓子を食することも、日本のフードロスを減らすために私たちができることの一つです。

2、大正二年創業の豆菓子専門店【冨士屋製菓本舗】について

豆菓子工場の様子

豆菓子の伝統的な製法を受け継ぎ、「冨士屋学校」とも呼ばれるほど、その製法が業界で高く評価されてきたのが創業100年超の老舗・【冨士屋製菓本舗】です。

豆菓子業界のリーダーとして、業界の発展に寄与しています。
製造から包装まで全て自社で行い、今や海外からも注目されています。

会社設立当時の写真

3、ご年配の方には「懐かしい」、若い方々には「新しい」「可愛い」。

楽豆屋 商品画像
楽豆屋パッケージ写真

「日本の良いものを次の世代へ伝える」商品づくりを心がけている【冨士屋製菓本舗】の豆菓子は、幅広い年齢層に愛されています。伝統的な懐かしさ・美味しさがありつつも、新しさがあります。

 

伝統的な豆菓子を想像すると、もしかするとイメージが少し古いかもしれません。しかし、「伝統技術の継承にこそ、革新性が必要」と言われる通り、同社はまさに常に新しいことにチャレンジしています。現代風の味付けや、ついギフトに選んでしまうような可愛いパッケージの追求など、高い技術をベースに進歩を続けています。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
 
 
氏名内容評点日付
 
藤井とてもおいしかったです2018/07/03

© LOSS ZERO All Rights Reserved.