ロスゼロについてAbout Losszero

ビジョン・ミッション・ロゴに込めた思い

ロスゼロのビジョン
日本に溢れる「もったいないもの」に価値を見出し、次の笑顔へ変える
ミッション
日本にはもったいないものが溢れています。その中でも食品ロスは私たちが最も思い浮かべやすいのではないでしょうか。
ロスゼロはビジョンに基づき、大きな社会課題のひとつである食品ロスの削減をミッションとして取り組みます。
イメージ画像1
ロスゼロロゴ

ロスゼロとは

メーカーと生活者(企業)をつなぐプラットフォーム

ロスゼロは年間約140万トンの食品ロスが発生している「食品製造・加工メーカー」で発生するロスに注目しています。
具体的には、規格外品や製造余剰品、賞味期限が残り1か月程度になった「食するに何ら問題がなく味が変わらないもの」を、消費者や企業につなげるプラットフォームです。



5方よし ― happyの連鎖

「5方よし」説明図
  • 1、食品製造・加工メーカー
    • 廃棄にかかっていたコストの削減・売り上げにつながる。
    • 余剰生産分の処理・在庫を余らせずに済む
    • ロスゼロを通じて購入した潜在顧客を獲得できる
    • ブランディングの一環としてCSR活動をPRできる
  • 2、購入者
    • おいしくて格安なものを購入できる
    • おやつにかかるお金と手間を減らすことができる
    • 購入した食品を食べることで、手軽に社会貢献ができる
    • 食育の一環として活用できる
  • 3、ロスゼロ
    • 処理に困っている製造メーカーと購入者をつなぐことができる
    • 廃棄食品を減らすことで日本の社会問題に取り組める
    • 売り上げの一部を途上国支援へと回すことができる
    • 「食品ロス」という社会問題を考える機会を作る
  • 4、支援先の途上国
    • 学校で使う文房具・教材が無料で配られる
    • トイレの建設で、健康的な生活ができる
    • 教育が困難な子供たちに寄付ができる
  • 5、日本社会
    • 食品ロスが減らせる
    • 日本の「食品ロス」という社会問題を知る機会になる

チームロスゼロ

社会を変える『一つのチーム』として

「もったいないものを次の笑顔に変える」という思いは、ロスゼロ単体でなしえるものではありません。
食品を提供してくださるメーカー様、購入してくださるお客様(企業様)みんなが一つのチームとなって初めて社会を変えられるのだと考えています。
食品メーカー様、消費者、日本社会、ロスゼロ、そして途上国の子供たちが幸せになる「五方よし」を目指しています。
Win - Win を超えて、Happy - Happy - Happy - Happy -Happy という5つの Happyが連鎖することがロスゼロの願いです。

ロスゼロは事業を通じてSDGSに取り組んでいます。

弊社は日本に新しい消費スタイルを提案するロスゼロ事業を通じて、以下の目標に取り組みます。
【該当項目】12番「食品ロスの削減」、7番・13番「環境への配慮」、4番「収益の一部を発展途上国での活動に充て教育の質向上を図る」

ロスゼロ活動実績

カンボジアを訪問 文房具とトイレを寄贈

みなさまからお預かりしたお金(※1)で、カンボジアのチャムカスバウ小中学校(※2)にトイレ5つの他、文房具650人分(※3)などを寄贈しました。

  1. クラウドファンディング(経費を除く)全額 + 4月以降の売上の一部
  2. プラティアット群オーランオウ市カンポンチャム県(Chamkar sbov elementary school, prah thiat commune,Orangou district, kompongcham province)
  3. ノート×2・ペン×2・鉛筆×2・消しゴム・定規・収納ファイルの9点セット
SDGs画像
SDGs画像
SDGs画像

フードロスイベント

一般社団法人サルベージ・パーティーとのコラボ企画を開催しました。
使わない食材を集めてプロの料理人が調理。みんなで学びながら、楽しく食べる会を開いています。

サルパイベント写真
サルパイベント写真

サルベージ・パーティーさんによるプチ講習タイムも。

サルパイベント写真

食育にもいいとのお声をいただきました。

© LOSS ZERO All Rights Reserved.